美肌効果抜群の野菜「ガルギール」で美肌を手に入れる

エジプトで葉野菜といえば「ガルギール」

サラダにしてそのまま食べるのが定番です。

ガルギールは、エジプト原産のアブラナ科の葉野菜です。

日本では、ルッコラという別名で販売されています。

今回は、栄養価が高いエジプト原産の野菜「ガルギール」の美肌効果と食べ方についてご紹介します。

ガルギールの栄養と効能

ガリギールは、ルッコラと同じアブラナ科の葉野菜です。

以下はルッコラの栄養と効能を参照しています。

 

生:βカロテン当量(3600mcg)、カリウム(480mg)、葉酸(170mcg)、ビタミンC(66mg)、カルシウム(170mg)、ビタミンK(210mcg)、鉄(1.6mg)

注目成分 

アリルイソチオシアネート

期待される効能

高血圧予防、がん予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、貧血予防、風邪予防、骨粗鬆症

ルッコラは抗酸化作用のあるβカロテンや高血圧予防をサポートするカリウムを豊富に含んでいます。またビタミンCは風邪予防や美肌効果によいとされ、鉄や葉酸は貧血予防に効果的です。ビタミンKは血液の凝固や骨の形成に関わり、カルシウムとの相乗効果で骨粗鬆症予防にも期待できます。

辛味成分のアリルイソチオシアネートは抗菌作用や消化を促進する効果があるといわれています。

引用:野菜ナビ 

ガルギールをりむ流に食べる

ガルギールを野菜炒めにする

ごま油で炒めるだけの簡単料理。美味しすぎてご飯が進みます。

材料

  • ガルギール
  • ごま油
  • ごま
  • 醤油]

作り方

  1. ガルギールをごま油で炒めて、ごま、醤油を加えます。
  2. 完成

ガルギールを天ぷらにする

天ぷらにして食べると、サクサクの食感とガルギールの苦味がマッチして一度食べたらやみつきになる美味しさです。

※衣は卵を使わず、マヨネーズを使用しています。

材料 4人分

  • マヨネーズ 大さじ2
  • 小麦粉 100g
  • 水 150ml
  • サラダ油・・・適量

作り方

  1. ボウルにマヨネーズを入れて少しずつ水を加え混ぜます。
  2. 小麦粉を加え、少し粉が残るくらいまで混ぜます。
  3. ガルギールをつけて揚げます。

ガルギールをスープに入れる

味噌汁やだし汁に入れます。

写真は、だし汁にラディッシュとガルギールを入れました。

まとめ

女性に必要な栄養素が豊富に含まれている「ガルギール」

苦味が癖になる美味しさです。

ガルギールに含まれるβ-カロテンは、抗酸化作用があり体内でビタミンAに変わるため、老化を防ぐだけでなく美肌にも効果があります。

ぜひ毎日の食事に取り入れて内側から輝きに満ちた美肌を手に入れましょう。

この記事を書いた人

りむ

沖縄県出身エジプト在住。
小学生の頃から常に夢をもち、目標設定を繰り返しながら人生を切り開く生き方を貫く。
「何歳になってもチャレンジできる。学ぶことに終わりはない」をモットーとし、子育てをしながら日本とエジプトの架橋「グローバル公民館」や個人メディア「りむラボ」を運営している。