磨きのプロが教える朝日を浴びて心身の健康を保つ3つの方法

朝日を浴びていますか?

私(@RimuLab)は、朝起きてすぐに部屋の窓を開けて太陽の光を入れます。

暗かった部屋がぱっと明るくなると、ほっとするとともに気分まで明るくなります。

朝日を浴びると、脳内のセロトニンの分泌が促進され、体内時計がリセットされます。

また、朝日が昇る瞬間の美しさは心を磨いてくれます。

今回は、朝日を浴びて心身の健康を保つ3つの方法についてご紹介します。

朝日を浴びる3つの効果

  • 体内時計をリセットする。

太陽の光を浴びると、脳内のセロトニンの分泌が促進されて、体内時計がリセットされます。

  • 脳を活性化させたり、心の安定を保つ。

セロトニンには、気持ちを落ち着かせたりすっきりさせたり、脳を活性化させる働きがあります。

  • ビタミンDが生成され骨の健康を保つ。

骨の健康に欠かせないカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDは、太陽の光を浴びることによって体内で作られます。

心身の健康を保つ3つの方法

  • 早寝早起きを習慣化する。

「早起きは三文の徳」と言われていますが、朝早く起きて時間にゆとりを持つと、心の余裕が生まれます。

  • ラジを体操をする。

朝日を浴びながらラジオ体操をして体を動かすと、血液の循環が良くなり頭もすっきりして心身ともに調子が良くなります。

  • 心に余裕を持つ。

美しい朝日を眺めて綺麗だなと感じられる心の余裕を持ちましょう。

日々の生活に追われて疲れていると、自分の周りにある恵みに気づくことができません。

朝日を浴びる自分だけの時間を意識的に作って体内時計をリセットするとともに、心もリセットしましょう。

美しい朝日の映像をご紹介

エジプトの紅海に面したリゾート地ハルガダに昇る美しい朝日をご覧下さい。

まとめ

朝日を浴びて体内時計をリセットし、生活のリズムを整えてみませんか?

バランスの良い生活習慣が身につくと精神が安定し、心と体の健康へと繋がります。

なにかと忙しい朝ですが、朝日を浴びる自分だけの時間を作ってみませんか?

今回は紅海に昇る朝日をご紹介しましたが、砂漠から昇る朝日も最高です。

エジプトへお越しの際は、アフリカの大地に昇る朝日を是非ご覧下さい。

この記事を書いた人

りむ

沖縄県出身エジプト在住。
小学生の頃から常に夢をもち、目標設定を繰り返しながら人生を切り開く生き方を貫く。
「何歳になってもチャレンジできる。学ぶことに終わりはない」をモットーとし、子育てをしながら日本とエジプトの架橋「グローバル公民館」や個人メディア「りむラボ」を運営している。